ドルマンコーヒー

・ドルマン紹介

Dorman社は 1950年に設立されたケニアのコーヒーロスターと輸出で 先頭に立ちながら最高級品質の コーヒーメーカーとして高い名声を持つコーヒー専門会社です。
Dormans のコーヒーは特にコーヒーマニアと全世界の有名なグールメロスター達から愛されています。
Dorman社の成功は 厳格な品質管理と最高級品質のコーヒー生産とケニア、タンザニア全域へコーヒーが提供出来る程大量生産能力がその理由です。

 

・ドルマンの補償政策

Dorman社はコーヒーを栽培、生産しているケニアコーヒー作業者達を後援しています。Dorman社は環境と人権及び倫理的価値保護を一番重要な
購買基準として毎年コーヒー作業人達と協同組合員達の功労を認め 適当な補償を してあげる政策を 持続的に実行しています。

 

・プレミアムコーヒー選択及びブレンド

Dorman社はプレミアムコーヒー選択及びブレンドに強みを持つコーヒー専門会社です。豊富な経験を持つ  Dorman社の Liquorers達は 毎週 約1,500杯以上のコーヒーの味を見てその中で 最高のコーヒーだけを 選択して顧客へ提供しています。特に Dormansコーヒーは  ケニアコーヒーの卓越な品質と味が世界的な名声を得る為に研究を続けながら 生産過程も心血を注ぎながら発展させています。


【ケニアコーヒー】はアフリカ東部 赤道上にある国の中で一番信頼出来る最高級コーヒーを生産するアフリカの代表的アラビカ栽培国です。1893年スコットランド宣教師達がコーヒーの原産地エチオピアコーヒーをケニアに伝播したのがケニアコーヒーの始まりです。コーヒーの原産地エチオピアからコーヒーを導入した後、コーヒーの木が成長するに理想的な気候と有機質が豊富な土壌を揃えた自然条件に徹底的な計画と組織的な栽培、処理法が加えてケニアコーヒーは全世界で一番品質のなみがないコーヒーで有名です。

イギリスの植民地だったケニアはコーヒー文化より茶文化が発達されコーヒーは貴族達の文化で認識されましたが、今は若者たちを中心としてコーヒー文化が速く拡散されてます。ケニアーは国家次元のコーヒー産業支援策を根本として全部のコーヒーは中央政府のコーヒー管理局で品質管理をしてます。1933年ケニアコーヒー産業の継続的な発展の為に3団体(Govemment, Farmers, Company)が集まって結成した ケニア政府傘下機関CBK (coffee Board of Kenya)が生産、マーケッティング、研究、財政、経営支援等の役割を担当してます。

ケニアのコーヒーは大部分 1,500m~2,100m 高原地帯で育ち収穫されたコーヒーは7回も検査を通って 共同処理場で精密に精製します。 特に世界から信頼を得るケニアの競売システムはケニアコーヒーの品質に対する信頼感を高めて、このようなケニアのコーヒー産業はアフリカコーヒー産業の鏡となってます。ケニアのコーヒー生産量は全世界供給量の25%だけですが香と味が卓越で、コーヒーの品質が安定されていて、世界最上級コーヒーとして認められます。


Kenya AA(ケニアダブルA)は世界から認定された最高のアラビカコーヒーリストに常に登場するコーヒーです。ケニアAAは一番信頼性があるコーヒーの等級で、最上級であるコロンビアのSupremoとBlue Mountain コーヒーと同等に評価 されてます。AAはコーヒー豆の大きさ、形、密度の等級を意味します。ケニア小規模農園で栽培されたコーヒー豆を中央に集めて一気に加工し、コーヒー豆の等級を決めます。評価等級で一番大きいコーヒー豆がAAで、一番小さいT級まで7等級があります。(大きさの順番で AA,  AB,  PB,  C, E, TT, T です。)

一番大きいサイズAAが油分(oil)を一番沢山含めてると知られてますが、この油分がケニアコーヒー特有の油っこいで、強い香を与えてくれます。ケニアコーヒーは独特な酸味、ワイン味、果物味を持ち、深く濃い風味を持ってます。ケニアダブルAコーヒー豆は大部分水洗式方式で加工されます。水洗式方式はコーヒーチェリーから先に果肉だけを除去して、果肉皮に残留した果肉を水槽で発酵させ除去する方式です。それぞれの工程過程で不純物及び欠点豆を除去してますので一般的に高く評価 されてます。